HOME>Utility>オンオフがしっかりしていて働きやすい麻酔科医への転職を目指そう

転職を考える理由

職場の人間関係に苦労していたり、新しいことにチャレンジしたい人が転職を考えるようです。

医師を目指す人から人気がある科目

履歴書
no.1

急患が少ない皮膚科

夜間や休日などに呼び出される心配も少なく、比較的楽な勤務でしっかり収入も得られる科目です。

no.2

ニーズが高まる内科

高齢者の増加に伴い慢性疾患が増加し、需要が高まる科目として人気です。

no.3

オンとオフがはっきりする麻酔科

主治医となって患者を持たないためメリハリをつけて働きやすい科目です。

no.4

高齢化社会で需要が増える精神科

高齢化社会により認知症が増え、これから需要が高まりそうな科目です。

no.5

体力的に楽な眼科

体力的に楽な診療であるうえ、手術などもある知的な科目であると人気です。

麻酔科が人気の理由とは

担当患者がいないため長期休暇も取りやすく、緊急手術以外で夜中に呼び出されることもありません。プライベートな時間を大切にできるのが人気の理由です。

転職活動と就職活動の違い

転職活動は業務経験やスキルが重視

転職活動では、ポジションを満たす業務経験やスキルがあるかが重要視されます。

就職活動はポテンシャルを重視

就職活動は未経験の学生を採用するため、ポテンシャル重視で採用されます。

オンオフがしっかりしていて働きやすい麻酔科医への転職を目指そう

面接

麻酔科医の基本知識

麻酔科医はスムーズに手術ができるように、意識を無くす・痛みをとる・筋肉を弛緩させるという3つの要素を基本とした業務を行っています。また、疼痛外来や肩こり、腰痛など、神経ブロックを主とする治療も行います。

病院

麻酔科医に向ている人とは

麻酔科医は外科医のような手術の主役ではないため、縁の下の力持ちタイプの人に向いています。コツコツ地道に頑張るひたむきな性格の人に適しているでしょう。麻酔科医の需要も高まっているため、安定を求める人にも向いています。

男の人

医師の転職活動で注意したいこと

医師の転職においては、自分がどの科に転職したいのかをはっきりさせ、それぞれの科目に合った就職活動をすることが大切です。求めるポジションを意識して、その条件を満たせる自分のスキルをしっかりとアピールしましょう。

転職エージェントを活用しよう

転職エージェントは、条件に合った転職先を紹介してくれるので便利です。また、人に知られずこっそり転職活動ができます。

広告募集中